製品 Q&A
トラブル

 
SoBiCに関するよく寄せられる質問について、ご回答しております。
記載がない質問については、お問い合わせフォームよりお気軽に問い合わせください。
 =製品全般 =SoBiCオーガニックプランター =SoBiC-PRO
Q.育たず、枯れてしまったけどどうすれば良いですか?H-001 ~H-005
A.十分な日照があり、システムが適切に設定されて、正常に機能しているにも関わらず、実がつく前に枯れてしまった場合は、生育保証の対象になりますので、サポートにお問い合わせください。※種子付きモデルのみ対象です。(種子付きモデルには、生育保証書が添付されております)
Q.日が照っているのに水が出ていません。ALL
A.水が出るのは、日射を受けて気温が上昇する時になります。正午の温度が上がりきった場合には殆ど水は出なくなります。
土に湿り気があり、水の供給口から水が出た形跡があれば水は出ていますが、不安がある場合は循環機能チェックを行なってください。
Q.どうすれば循環機能チェックができますか?ALL
A.【H-001~H-003】【SoBiC-PRO 2019】
エアチャンバーにつながるチューブから息を吹き込んでください。息を吹き込んだ場合に無理なく水が供給されて、吸い込んだ時に水が吸い上げられている音がしている場合は、循環機能は正常に機能していると思われます。空気が漏れるような音がする場合や、強い抵抗を感じる場合は全てのキャップを締めなおしたり、チューブ先のスポンジをスペアに取り替えてみてください。

【H-004】【SoBiC-PRO 2020】の循環機能確認テストはこちら
Q.補充水タンクの水がすぐに無くなってしまいます。H-001 ~H-004
A.補充水タンクに水を補充して、すぐに水がなくなっていく場合や、1日で半分以下になる場合は装置の気密性が損なわれている可能性があります。下記の点をご確認ください。
【H-001~H-002】
循環槽の水量を確認してください。次に水位がボールタップよりも高くなっていて、補充水タンクと循環槽の水位が同じになっている場合には「循環槽」と「栽培槽」、「オーバーフロー調整ダイアル」に繋がるチューブがそれぞれ繋がっているかをご確認ください。 チューブが抜けていた場合には、お手数ですが挿し直して様子をみてください。
チューブが抜けていない場合にはその他の部位の故障が考えられますのでサポートにお問い合わせください。

【H-003~H-004】
補充水タンクの上部のキャップ(外栓と中栓)をしっかり締めなおしてください。それでも水の減りが早い場合はキャップのパッキンが劣化している可能性があります。サポートにお問い合わせください。
内栓はH-004のみ付属しております。(H-003には付属しておりません。)H-003の方には、H-004へのアップグレードキットをご用意しております。アップグレードキットに内栓が付属しております。詳しくはこちら
補充水タンクの上部のキャップを締めなおしても水の減りが早い場合はキャップのパッキンが劣化している可能性がありますので、サポートにお問い合わせください。
Q.ポンプボトルが異常に膨らんでいますが正常ですか?H-003SoBiC-PRO 2019年モデル
A.給水チューブ先端のスポンジが目詰まりしている可能性があります。スポンジを外して目詰まりを解消させるか、スペアのスポンジに交換してみてください。
Q.土の表面が乾いたままで、水が出ている形跡がありません。ALL
A.日が照っている状態で、土が乾いている場合は不具合の可能性が高いです。機能チェックをしてみてください。
Q.エアチャンバーに水が入ってしまっていますが、大丈夫ですか?H-001 ~H-003SoBiC-PRO 2019年モデル
A.多少の水が入り込んでも、まったく問題ありません。秋や冬にかけては結露現象が多発して、エアチャンバーに水が入りやすい状況になります。大量の水が入った場合は、チューブを外して水を抜いて、ポンプボトルの水位を6割程度にして再設定してみてください。※エアチャンバーのキャップは決して外さないでください。
Q.本体から水が漏れているようですが、故障ですか?ALL
A.雨水などが入った場合、正常にオーバーフローが機能して余分な水を外に出している場合があります。またはタンク底部の位置が本体と比べて高い場合に、オーバーフローが利いてしまうこともあります。
それ以外の状態で水の漏れがある場合はトラブルの可能性があります。サポートにお問い合わせください。
Q.製品の耐久性は何年くらいですか?ALL
A.保証期間は1年ですが、耐久性に関しては、植物が育つ普通の環境であれば3年以上持つ事は実証を得ております。