製品 Q&A

SoBiCに関するよく寄せられる質問について、ご回答しております。 
記載がない質問については、お問い合わせフォームよりお気軽に問い合わせください。
Q.追肥は要らないの?
A.あらかじめ専用栽培カプセルの土の中には肥料成分が入っており、SoBiCならではの自然循環システムによって肥料成分が自然生成されますが、作物の種類や育ち具合によってはカプセルの中の栄養素だけでは足りなくなる場合があります。具体的には葉の緑色が薄くなったり、黄色っぽくなった時は栄養不足の可能性が高いので、液肥を循環水に加えてあげることをお勧めします。
Q.農薬は要らないの?
A.SoBiCは自然の摂理を用いて健康的に成長を促進する機能はありますが、直接的に虫や病気に強くなる効果はありません。有機や無農薬にこだわりがない限り、病気や害虫に対しては、適切な方法で適量の農薬を使用することをお勧めします。
Q.水のタンクはどれくらい持つの?
A.水の消費は、植物の種類や葉の量などの成長度合いや、日照量などの天候条件によって変わります。
植物の生態機能として、強い日射がある場合は水をたくさん吸い、葉から蒸散させることで日焼けから身を守り、光合成を活性化するからです。
例えばタネから育てていて葉の量が少ないうちは水の量はあまり減りませんが、葉がたくさんあり、実を付けている状態で、強い日射を受けた時は水の消費が激しいため、1週間に2、3度くらいはタンクの水量を確認して、減っていたら補充することをお勧めします。
Q.専用栽培カプセルは何回まで使えるの?
A.1度栽培に使った専用栽培カプセルはそのまま再利用はできません。
前に育てた野菜の根がびっしり張りめぐっている状態では、もう土に栄養素が無いからです。どうしても同じ土を使いたい場合は根を全部取り除き、土に適切な栄養素を加えれば再利用は可能ですが、その手間をかけるより、新しい専用栽培カプセルを入れ替えるだけですぐに栽培が再開できるようにシステム設計がされています。
Q.苗からでも育てられる?
A.はい。土の相性が悪くなければ、苗から育てることで収穫までの時間を圧倒的に短縮することも可能です。ただし、生育保証の対象ではなくなります。
Q.付属の種子以外の植物でも栽培できる?
A.はい。土の相性が悪くない限り、付属の種子以外の野菜(果菜類・葉物類・根菜類)やお花など、ほとんどの植物がよく育つことが確認されています。ただし、生育保証の対象ではなくなります。
Q.害虫対策は要らないの?
A.SoBiCには防虫機能は付属していないので、害虫対策をする場合は、防虫ネットや薬剤などのお手入れが必要になる場合があります。
Q.病気にも強い?
A.天候が良ければ、循環が良く機能して、元気に良く生育するので、結果として病気に強くなる効果は期待できますが、機能的に病気に強くなるシステムは搭載していません。
Q.冬でも栽培できる?
A.培土や配管の水が凍結するような気候でなければ、冬野菜などを栽培することは可能です。
Q.真夏の猛暑でも平気ですか?
A.いえ、猛暑によって土の中の温度や、循環水の温度が40度を超えるような環境では、植物も熱中症にかかりやすくなり、生育が阻害される可能性があります。そのような天候が続く場合は、日陰を作ってあげたり、風通しを良くして、涼しくしてあげることが必要になります。