自動栽培システム「SoBiCオーガニックプランター」2019年モデルをクラウドファンディング A-portで支援受付開始

2019年2月1日
ネイチャーダイン株式会社は、SoBiCオーガニックプランター2019年モデルの販売を今年4月から予定しています。それに伴い朝日新聞社が運営するクラウドファンディング「A-port」で開発・製造費用支援の受付を本日より開始致します。(支援金は、開発・製造費用の一部に充てさせていただきます。)

SoBiC(ソビック)は電気も機械も使わずに、太陽の日射熱による気圧変化を利用して自活稼働する事で自然のリズムで最適な生育環境を創り出す、極めてユニークな自動栽培システムです。
2015年に基本技術が発明され、家庭向けのSoBiCオーガニックプランターは2016年に製品化して販売が開始されました。
今年2019年モデルでは構造の見直しにより、トラブル要素の削減と一台で2株の栽培が可能となります。

SoBiCは栽培したい作物・植物に合わせて、形状の変更や調整をするだけで対応できる装置です。
毎日の水やりや大変な土づくりも不要になり、誰でも・どこでも・簡単に、究極とも言える有機作物(※)の栽培ができる様になります。

手間がかからないので、忙しい人や高齢者の方、女性の方でも楽しめます。また、SoBiCは非常にシンプルな仕組みなので大規模化も容易であり、緑化や都市農業などへの利用も検討されております。
それらの利用が広がれば、温暖化対策などの環境改善や農産業の活性化にも非常に役立ち、大きな社会貢献にもつながります。

リターン品として、前述の新型オーガニックプランターはもちろん、樹木・果樹が栽培できるモデルもご用意しております。

URL:https://a-port.asahi.com/projects/new_sobic/

期間:2019年2月1日~3月25日