スーパーフード「モリンガ」栽培キットを販売

2018年9月6日
報道関係者各位
ネイチャーダイン株式会社(本社所在地:東京都文京区 代表取締役社長 中島 啓一、以下:ND社)は、地球上にある植物の中で最も多くの栄養素を含むと言われている「モリンガ」の栽培カプセルを製品化し、ND社独自の無電源自動植物栽培システムSoBiC(ソビック:Solar pneumatic Bio-Cycleの略)オーガニックプランターで栽培する事によって、誰でも、どこでも、簡単に栽培できる栽培キットの販売を9月6日から開始する。

「モリンガ」(日本名:ワサビノキ)はミラクルツリーとも呼ばれるハーブ系の樹木植物で、非常に多くの栄養素が豊富に含まれているスーパーフードとして近年注目を集めている。 栄養素としては、ビタミン類や食物繊維、必須アミノ酸などが多く含まれ、カルシウムは牛乳の16倍、カリウムはバナナの15倍、鉄分はほうれん草の30倍、ビタミンAはニンジンの10倍、ビタミンCはみかんの9倍、ポリフェノールは赤ワインの8倍ほどあると言われており、国連WFP(国際連合食糧計画)などもその豊富な栄養素から食料援助に適した救済食材として、途上国での貧困層の栄養改善の切り札の一つとして栽培を支援している。
また、健康増進や美容にも非常に良いとされ、ダイエット・便秘解消・美肌・アンチエイジング・免疫力向上・口臭予防・ストレス緩和などにも効果があるとされており、最近では世界的に有名な女優や歌手などセレブの愛用者も急激に増えている。
葉だけでなく、タネ・茎・根に至るまですべて無駄がなく、ハーブティーなどの飲料から、粉末にして色々な食材に添加するなど、様々な形で利用することができ、栄養価が高いことから将来の食糧危機への対策としても非常に有効とされている。

モリンガは生命力の強い植物で、暑い気候を好み、温暖な気候であれば比較的簡単に栽培できるが、都市環境での庭や鉢植えで育てるにはそれなりのケアが必要で、一般家庭で栽培するにはそれほど簡単ではない。
しかし、SoBiCの栽培キットを使う事によって、毎日の水やりも、雑草取りの手間も要らず、ほぼ放ったらかしでも良く育てられ、モリンガを身近で簡単に栽培できる事で、生の葉っぱを摘んで食べたり、お茶にしたり、食材に加えるなど、自然のままの豊富な栄養素を簡単に摂れるようになる。

モリンガ種子付き「SoBiC専用栽培カプセル」には、通常の「SoBiC専用野菜カプセル」にモリンガのタネが同封されている。
毎日の水やりなどのケアができる方なら、そのままで鉢植え栽培することもできる。 また、SoBiCオーガニックプランターにセットする事で、水の補充は月に1度ほどで良く、雑草取りの必要もなしで、良く育つ事が検証できている。 但し、モリンガは熱帯の植物なので寒さには弱く、冬の時期は簡易な温室に入れるか、部屋の中に入れて、5℃以上に保ってあげる事が必要となる。屋内でも窓越しの日光があればお部屋を汚さずに室内でも栽培ができる。

価格は、モリンガ種子付き「SoBiC専用栽培カプセル」単体で1,188円(税込)、SoBiCオーガニックプランター モリンガ栽培キット(野菜カプセル、種子付き)が価格8,941円(税込)、AmazonやYahoo!ショッピングなどの通販で購入できる。

弊社直販サイトにてお求めいただけます

● ネイチャーダイン株式会社について
当社は、独自の革新的な栽培技術をベースに家庭菜園市場や機動力農業への新たなソリューションを提供すると共に、国内外への普及を進めてまいります。

※SoBiCおよびオーガニックプランターは、ネイチャーダイン株式会社の登録商標です。