SoBiCオーガニックプランター 2018モデルを3月26日販売開始

2018年3月19日
報道関係者各位
ネイチャーダイン株式会社(本社所在地:東京都文京区 代表取締役社長 中島 啓一、以下:ND社)は、同社独自の作物栽培技術SoBiC(Solar Pneumatic Bio Cycle System)を活用し、電源不要の自動有機栽培システムSoBiC(ソビック)オーガニックプランターの2018年度版の製品を2018年3月26日から販売を開始します。
SoBiCシステムは太陽の日射熱による自然の気圧変化を動力にして、自動的に天然培地に水を自然のリズムで自律循環させる事で植物の生育に最適な環境を自動的に創り出すと言った非常にユニークな仕組みです。これによって、毎日の水やりの必要がなく、難しい追肥も、雑草取りの手間もなく、放ったらかしでも非常に良く育ちます。

近年の少子高齢化や食の安全意識の高まり、異常気象による野菜の高騰などから、家庭菜園の潜在需要は非常に大きいと言われていますが、一般では育て方がわからずに失敗してしまうケースが非常に多く、また何より土運び・土作りや雑草取りなど体力的に難しい場合や、水やりなどの毎日のケアをする時間もないなどで、最初から諦めてしまっている人が非常に多いのが現状の様です。

これに対し、SoBiCは陽の当たる場所に置き、水と専用の「野菜カプセル」をセットするだけで、自然本来の活力で、放ったらかしでも野菜が非常に良く育ちます。
これまでの家庭菜園を試みて失敗してしまった原因や要素をほとんど無くせる為、ND社としては業界でも異例の「生育保証※1」をつけて販売します。また、野菜カプセルには安全性が高いと言われる「有機種子※2」と、有機肥料を配合した天然培養土を使用しているので、自然由来の農法で安全性が高いと言われる「有機野菜※3」よりも自然本来の要素を活かしているので、より安心で安価な野菜を得る為の新たな選択肢になります。
ダミー
2018年モデルは、従来の製品よりも高精度の弁システムを採用し、循環効率や安定性が増している事と、内部のポンプボトル※4が半透明になり、水位の確認がし易くなっている他、ユニットの上蓋に水の補充口をつけた事で、タンクへの水の補充がやり易くなった。

また、「野菜カプセル※5」の培養土に貝殻粉や木炭などを追加で配合しており、作物へのカルシウム分の補充や培地内の微生物の活性を促す成分を添加する事で成長の安定性を更に高める工夫をしてある。
「野菜カプセル」に付く野菜の種のラインナップに関しては、「有機種子」を中心に昨年より数は絞っており、ホワイトレディ(白いとうもろこし)など、珍しい野菜を追加している。

野菜カプセルのラインナップ

価格は、昨年と同様でオーガニックプランター本体は税別価格7,389円、専用カプセル890~1,278円で、AmazonやYahoo!ショッピングなど、ネット販売を中心に2018年3月26日から販売を開始する。また、ホームセンター等でも随時取り扱いを増やして行く他、大手農機具メーカーとのタイアップで、全国の展示会でも販売をして行きます。
白スイカ クールチャージ潤(じゅん)【数量限定】


※1 生育保証に関して
SoBiCオーガニックプランターと専用の野菜カプセルを適切な条件で適切に設置したにも関わらず、生育せずに枯れてしまった場合は、無償で新たな専用カプセルを提供します。

※2 有機種子について
有機種子とは、農薬・化学肥料を使用しない・採取後に種の消毒をしない・遺伝子交換を行わない種子の事です。固定種とも言われ、一般的に流通している交配種とも異なります。

※3 有機野菜に関して
一般概念として、農薬や化学肥料は使用せず、自然由来の生育に可能な限り近い形で栽培した野菜の事を言うが、一般的には「商標」としてこの名称を使う場合の制約条件を意味します。国(農水省)が定めたガイドラインの範囲で栽培できると認定された生産者が「有機◯◯」として販売しても良いとする表示規制になっています。具体的に有機栽培の概念に則していても、認定を受けた生産者でなければ有機野菜として売ってはいけない事になっています。また、科学的な「有機」の基準は諸説あり、有機作物やオーガニック製品の基準や概念は国や地域によって大きく異なります。 よく誤解される事ですが、安全性を保証する規格ではありません。

※4 ポンプボトルに関して
SoBiCは太陽の日射熱を吸収して空気膨張を起こすエアチャンバーと繋がっている容器の事で、そこには絶えず、ある程度の量の循環する水が出たり入ったりする。

※5 野菜カプセル
SoBiCオーガニックプランターにセットする詰め替え用の培養土の入った巾着袋です。標準としてこれにお好みの作物の種が付きます。また、オーガニックプランターにセットしなくても、そのまま鉢植えとして利用する事も出来ます。