SoBiCオーガニックプランター H-003
利用のためのアドバイス

平素より、弊社の製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

さて、今年発売いたしました2019年モデル・SoBiCオーガニックプランターH-003について、利用にあたってお客様より質問いただくことなどご利用にあたって知っていただいきたいことをご案内致します。

補充水タンクトレイ高さ調節板について

タンクトレイの高さ調節板は、水位を管理する大切なパーツです。タンクトレイに差し込まれた状態で使用します。
外れていた場合には、お手数ですがタンクトレイに差し込んでからご使用ください。

高さ調節差し込まずに使用されますと、水位が低くなりポンプボトルに十分な水が補充されず生育に著しく影響が出ることがあります。

高さ調節板セット方法

① タンクトレイ内の溝(4箇所)の位置を確認します。
② 高さ調節板を溝に差し込みます。
※高さ調節板の上下の向きにご注意ください(長い方が上になります)

水位調整について

水を絞りたい場合などには、高さ調節板を外して別のものをタンクトレイに入れていたくことで水量調整が可能です。

底面の水位を下げて、ポンプボトルへの補充水量を減らします。
そのため、高さ調節をした場合には必ずポンプボトルの水量も減らしてください
(ポンプボトルの水量については、適宜調整してください)

※水位を調整するパーツは付属しておりません。角材などお客様がご用意しやすいものをご使用ください。
(ベースユニットへの接続チューブへの穴を塞がないようにしてください)
また、水を絞りすぎると枯れてしまうこともあります。注意して設定してください。
水を絞りたい場合などには、高さ調節板を外して別のものをタンクトレイに入れていたくことで水量調整が可能です。

底面の水位を下げて、ポンプボトルへの補充水量を減らします。
そのため、高さ調節をした場合には必ずポンプボトルの水量も減らしてください
(ポンプボトルの水量については、適宜調整してください)

※水位を調整するパーツは付属しておりません。角材などお客様がご用意しやすいものをご使用ください。
(ベースユニットへの接続チューブへの穴を塞がないようにしてください)
また、水を絞りすぎると枯れてしまうこともあります。注意して設定してください。

水補充について

SoBiCH-003オーガニックプランターシステムに興味があるが原理、効果、仕組が未だ良く理解できない場合は、オーガニックプランターを使用して理解を深めてからのご検討をオススメいたします。
独立した小型のシステムなので、機能の検証や動作確認が容易
多数の比較環境が作れ、実証試験や比較が可能


販売店紹介

SoBiCシステムを理解できていて、具体的な導入を目指す場合、オーガニックプランター数台とPRO数台を使い、目指す栽培のバターン検証(品質、運用コスト等)をお勧めいたします。
採用事例:
大手ワインメーカーでのぶどう生産の効率化検討での採用事例。
・土成分の適正検証で数十台のオーガニックプランターを活用
・土壌環境、地層などの検証としてSoBiCプロ、果樹システムを活用

SoBiC-PROお試し用
レンタルサービスを申込む
   SoBiC-PROの
購入見積を依頼する

 
SoBiCシステムを理解できていて、具体的な導入を目指す場合、オーガニックプランター数台とPRO数台を使い、目指す栽培のバターン検証(品質、運用コスト等)をお勧めいたします。
採用事例:
大手ワインメーカーでのぶどう生産の効率化検討での採用事例。
・土成分の適正検証で数十台のオーガニックプランターを活用
・土壌環境、地層などの検証としてSoBiCプロ、果樹システムを活用

業務向けSoBiC お試しレンタルサービスを申込む   SoBiC業務用購入見積もり依頼

システム原理を十分に理解をされていて、産業効率の観点から明確なビジネスビジョンがあり、すぐにでも大規模導入を検討したい方には、そのビジネスモデルにあった最適なカスタムパターンのご提案を致します。