SoBiC(ソビック)オーガニックプランターH-003専用 アップグレードキットの使い方

アップグレードキット セット内容

H-003専用アップグレードキットの使い方【動画】

事前準備

  • H-003専用カプセルを廃棄し、ベースユニット内部に汚れやゴミがある場合には軽く水洗いしてください。

1.パーツの取り外し

  • ポンプボトル、エアチャンバー、エアチャンバーフックを取り外します。
    このうちポンプボトルとエアチャンバーは処分してください。(エアチャンバーは残します)

真夏の日差しにご注意下さい!
育てている植物に近年の異常な猛暑の影響があることがあります。
SoBiCは太陽光により水を循環させていますが水循環があっても、長時間炎天下の中に置かれると元気がなくなってしまうことがあります。※最悪の場合、枯れてしまうことがあります。(人間でも長時間炎天下の中にいると、いくら水分を補給しても元気がなくなってしまうように植物も元気がなくなってしまいます)
元気が無いようでしたら、適度な日陰(日除け)を作るようにしてあげてください。
※決して一日中、直射日光が当たらない場所に置かないでください。(最低4時間以上の直射日光が必要です)

2.整流器の取り付け

STEP1
  • ベースユニット右下部のL字プラグを回してキャップを外します。(外したキャップは処分してください)
    ※L字プラグは優しく回してください。無理に力をかけると水漏れの原因となります。
STEP2
  • 整流器の短いチューブをL字プラグにしっかりと差し込みます。

    ※L字プラグに必ず手や指を添えて差し込んでください。チューブだけを持って差し込むと水漏れの原因になります
STEP3
  • L字プラグを回して、整流器の給水チューブがベースユニットのセンター位置にくるように調整します。
    エアチャンバーフック取り付け穴、オーバーフローと並ぶように位置を調整します。
STEP4
  • 整流器裏面のシール(2箇所)を剥がし、ベースユニットにしっかりと押し付けて固定します。

3.エアチャンバーの換装

STEP1 キャップを外す
  • エアチャンバーからキャップを外します。外したキャップは処分してください

    ※反時計周りでキャップは外れます。
STEP2 アルミバッグの準備
  • アルミバッグをS字になるように柔らかく折り曲げます。※折り目はつけないでください。

STEP3 フィルムを剥がし、キャップの状態をチェック
  • ゴムキャップに付いているフィルムを剥がし、キャップの状態を確認します。 ゴムキャップには予め潤滑油を塗布してありますが、もし乾いていた場合にはお手数ですが、シリコンスプレーや食用油などを薄く塗布してください。
    ※潤滑油を塗布することで、取付作業がスムーズに行なえます
STEP3-B キャップが乾いていた場合には【潤滑油の塗布方法】
  • ティッシュペーパーに食用油を染み込ませキャップに塗布します。(下図の塗布範囲にまんべんなく塗布してください)
    ※シリコンスプレーはそのまま塗布してください。
STEP4 エアチャンバーへの挿入

  • 畳んだアルミバッグをエアチャンバーに挿入します。
    ※アルミバッグの向き(挿入方向)に注意しつつ、中のスポンジを巻き込まないように挿入してください。
  • ゴムキャップは、エアチャンバーの一番上の山までしっかりと押し込みます。
    ※地面に強く押し付けると破損に繋がります。ご注意ください。

4.結束バンドの取り付け

  • ポンプ内蔵型エアチャンバーをゴムキャップが右になるように持ちます。結束バンドの金属留め具が背面になるように通して軽く留めます。

ベースユニットへの取り付け方法は、H-004の取扱説明書・設定動画にて説明しております。

5.補充水の換装

  • 開閉スライドをしっかり下ろします。
  • 補充水タンクを持ち上げ、タンクトレイ内の高さ調節板を外します。
    ※外した高さ調節板は処分してください。
  • 補充水タンクのキャップを外します。
  • キャップ内側のリングパッキンを外します。(カッターなどを刺すと外しやすいです)
    ※外したリングパッキンは処分してください。
  • アップグレードキット付属のリングパッキンに交換します。
  • 内蓋を補充水タンクにしっかり取り付けます。
  • 外蓋を補充水タンクにしっかり取り付けます。
アップグレード作業は以上です。引き続きH-004の設定へお進みください。