☆☆☆ SoBiC System ☆☆☆
Solar Pneumatic Bio-Cycle System

SoBiCシステムは、太陽熱と空気、重力などの自然エネルギーを直接動力変換して、水の循環が自動的に作動する新概念の動力システムによって、自然のリズムと摂理で最適な植物の生育環境を自律・自動的に創り出しています。


SoBiC自然循環システム
生物の育成と活性化の最重要機能


水の循環が自然環境維持の本質
緑豊かな森の水はなぜキレイで澄んでいるのか? そこには動物や昆虫・微生物など、無数の生物の営みがあり、様々な生物が生まれては死に、その死骸や排泄物は微生物や菌によって分解されて、他の生物への栄養素に変わり、その協調連鎖が繰り返される事で、生命を育み活性化しながら完全な自然の浄化機能が働き、森の中の水や空気は、生気に溢れ、澄んでいます。
これは言うまでもなく、絶妙の自然の摂理によってバランスが保たれているからです。
緑豊かな森の水はなぜキレイで澄んでいるのか? そこには動物や昆虫・微生物など、無数の生物の営みがあり、様々な生物が生まれては死に、その死骸や排泄物は微生物や菌によって分解されて、他の生物への栄養素に変わり、その協調連鎖が繰り返される事で、生命を育み活性化しながら完全な自然の浄化機能が働き、森の中の水や空気は、生気に溢れ、澄んでいます。
これは言うまでもなく、絶妙の自然の摂理によってバランスが保たれているからです。

栄養素の配分・循環が食物連鎖の基本
誰でも知っている通り、地球上の生物は全て食物連鎖の一端の機能を果たしています。 大きな動物から微細な菌まで、生まれては死に、腐敗して、土に帰り、植物の栄養素となってまた地上に生を受ける糧となる事が自然の摂理になっています。 ただし、現在の人間社会はこの連鎖(循環)を止めてしまっている事が多く、生態系を壊し、結果として環境を著しく破壊し始めている事も事実です
誰でも知っている通り、地球上の生物は全て食物連鎖の一端の機能を果たしています。 大きな動物から微細な菌まで、生まれては死に、腐敗して、土に帰り、植物の栄養素となってまた地上に生を受ける糧となる事が自然の摂理になっています。 ただし、現在の人間社会はこの連鎖(循環)を止めてしまっている事が多く、生態系を壊し、結果として環境を著しく破壊し始めている事も事実です

植物を起点にした生命エネルギー循環


植物は、「日光」と「水」「二酸化炭素」から、光合成によって、自ら栄養素を創り出し、地球上のすべての生き物に対して「根本栄養素」供給しています。 また、それと同時に活動・活性化の必須要素である「酸素」も供給してくれている生命エネルギーの母体です

水循環がすべての機能を動かし、活性化させる


植物が生育するには、日光と水が必要であり、水は光合成をする時に最も消費されます。
植物だけでなく、あらゆる生物も同じで、活動・生育する時に必要十分な水が必要。また、水と同時に活動量に応じて「酸素」も必要になります。 微生物の世界では水中の溶存酸素が必要ですが、水が循環していないと酸欠になって、水が腐って悪循環を起こしてしまいます。
植物栽培で、水をやりすぎると根腐れすると言うのは、水が循環しないと水の中の溶存酸素がなくなり、生物分解が進まず、自然浄化が機能せず腐ったままになって、活性循環が止まってしまう事によって起こります。

SoBiCの水循環は生態系の理にかなった 最適な自然の生育環境を創る



       ◇ 日照時・気温上昇時に自動的に培地への水と酸素を供給
       ◇ 植物の光合成の活性と同時に水補給が行える
       ◇ 温度上昇時に水分が増え天然培地内の微生物や菌が活性化
       ◇ 植物の成長による老廃物を生物分解し、栄養素の創出と自然浄化
       ◇ 培地材の有機物の生物分解による栄養素の創出と自然浄化
       ◇ 培地材によるフィルター作用による自然浄化

理想的な自然の力によるバイオサイクルを実現します

放たらかしでも圧倒的に良く育ちます
ほぼ同じサイズの培地の鉢植で、同じ種、同じ時期にタネ植えから栽培した。 発芽率、生育速度は圧倒的にSoBiCの方が良く、実の付きも良かった。 鉢植えの方は毎日の水やりと雑草取りをしたが、SoBiCの方は1週間に1度ほどタンクの水を補充するだけ。タネ植えから約1か月間は水も減らないので補充の必要もなく、ほぼ放ったらかしの状態で、驚くほどに大きくなる。 トマト以外でも、ナスやキュウリ、スイカ、カボチャなど、あらゆる野菜で同じような結果が出ている。


SoBiCは小さな「地球システム」
地球と同じ生命を育む水の循環システム


地球とまったく同じ
太陽の熱と動きによる気温・気圧変化によって水が循環する事で
生命を育み、生態系を維持・活性化する基盤を構成している


未知の世界へのカギに
活きた土を活用できる新栽培技術

ピンポイントでの気温や湿度などの様々なデータ検出して高度なデータ解析しても、全体環境の状態把握は非常に困難で複雑化し、実効的な対処が難しい
SoBiCの独立した自然栽培環境であれば、自然の生態系における作物の生育に対する因果関係が明確になり、生育促進やトラブルに関わる要件も明確になって、対処も非常にし易くなる


 新次元のテクノロジー
ハイテクを遥かに超える新次元の技術基盤

SoBiCはローテクではありません

電気や機械に対する依存度が小さいシンプルなシステムは、一概にはローテク(低い技術水準)と呼ばれますが、SoBiCはローテクの概念には属しません。 ローテクはハイテクと比べると明らかに機能レベルや精度・効率で劣る比較的古い技術で、扱いやすさや使い勝手、コストメリットによって見直されている技術です。
SoBiCは確かにローテクの利点を持っていますが、高度な電子制御や精密な機械ポンプシステムなどのハイテクを駆使しても再現が非常に困難な自然循環環境(植物生育環境)を自然の力を利用し自然のリズムと協調した絶妙の調整制御機能と電力不要の超高効率の稼働を実現しています。



新概念の技術分野

SoBiCは、電気や機械等のハイテク技術も使わず、生物・バイオ技術でもナノレベルなどの超微細技術分野とはまったく異なるマクロ概念の技術によって構成されています。これは自然科学における天体・太陽熱エネルギー・大気・自然物理・生態系・生体工学などの様々な基礎原理において、その協調連携を目指した新たな動力メカニズム構造「有機的駆動構造技術」ともいうべき、従来にはない新概念になります。


オーガニック・エンジン
生体機能原理に基づいた発動システム

SoBiCは、太陽の日射熱による微妙な気圧変化を循環動力に変換する機能構造なので、その動力変換の効率性が最も重要であり、あらゆる損失を排除して、最大限に効率化を(シンプル化)試みました。 その結果、その構成や動力機構、形態が奇しくも生体の心臓や肺などの臓器とほとんど同じような形になりました。 資源消費効率としては地球上の生体の仕組みは数億年かけて進化してきた最も優れた動力システムであり、オーガニック・エンジンは史上最もそれに近づけた動力システムと言えます。


 異次元の資源消費効率
環境に負荷をかけず「豊かさ」を創り出す


   5つの革命的要素
シンプルでありながら超高機能を実現


LED植物工場は不合理の極み
ハイテク駆使した無駄の塊

植物は取り得る光エネルギー以上の栄養素は創出できないので、太陽光の1/100にも満たないELDの光エネルギーからではそれなりの栄養価しか蓄えられない。化学養液からの栄養素を植物に蓄えさせる形態としては、食品としての栄養素の提供としても極めて不合理。つまり、物理的な食糧としての価値は著しく低いと言わざるを得ない。
自然浄化や栄養素の自然生成はないので、循環させる水(化学養液)の浄化や水質の管理が非常に難しく、莫大な設備投資と運用・維持コストが相乗的にかかる。
悪循環を来す雑菌の繁殖を嫌い、無菌・殺菌環境での栽培が基本で「清潔・衛生的」であるとされるが、食糧品としての衛生面としては特にメリットとされる事はほとんどない
天候に左右されない生産安定性が期待されいるが、天候不良時の価格が高騰した場合よりも遥かに割高で、まだ植物の生態に未知の側面が多く、設備の運用も管理方法もまだ試行錯誤の状態で、根本的に安定生産はできていない
LEDによる栽培は、植物の生態解明研究には非常に有効だが
生産性は1円の価値もないものを100円かけて作っているようなもの


真のSingularity
The True Singularity


IT技術やA.I.の進化によるSingularityはありえない!
シンギュラリティ(Singularity)とは、「技術的特異点(ぎじゅつてきとくいてん、英語:Technological Singularity)、またはシンギュラリティ(Singularity)とは、人工知能が人間の能力を超えることで起こる出来事。人類が人工知能と融合し、人類の進化が特異点(成長曲線が無限大になる点)に到達すること」(Wikipediaより)とされていますが。

これらは全くの妄想です。単なるSF映画の中でのお話です。近い将来(10年や20年)で現実化する可能性は0.000000001%もありません。
確かに現在のIT技術やハイテクの進化は目を見張るモノはありますが、ただし、それら進化による記憶能力や分析力(データ照合力)、演算処理能力が人間の脳の能力の何百倍・何千倍になろうと、チェスや将棋で人間に勝とうが、そのようなセグメントの機能は人間の脳細胞機能の1兆分の一以下の要素でしかなく、物理構造メカニズムの観点では、まったく別次元のお話です。計算速度など極一部の機能要素だけを数値化して、現実的に「人間の脳細胞を超えた!」などとする事は愚かしい程の発想の飛躍でしかありません。

デジタル仮想世界の進歩はリアルのアナログ世界では別次元
現在はスーパーコンピューターと呼ばれる超高度な演算能力も開発されており、「夢」のような展望や期待ばかりが先行して、莫大な人手とコストをかけてベンチマーク競争をしていますが、その開発にかかる労力やコストに見合うような生産性のある事は未だ現実として何一つ創られていません。また、物理的にも経済的にも採算性のかけらもありません。
もっと判り易い例で言えば、今のパソコンの能力は、20年前のものと比較すると記憶容量や演算処理機能は何万倍にもなっていますが、機能精度は数倍にはなったものの、それによる生産性は倍数的には向上していません。

つまり、デジタル仮想世界の倍数の進化と、リアルのアナログ世界での倍数的な進化は文字通り別次元であり、それを混同してしまっている人の発想が、今のSingularityの概念です。
現在は数十年前のSF映画の世界のほんの一部が現実化しつつあるだけで、それを持ってして一緒くたに全てが現実化する可能性があるとして、実際には現実味のかけらもない夢のような話まで本気で信じて、怠惰になったり、欲や恐怖に駆られて争いが起ったりしている現在においては「罪」な妄想になっていると思われます。

ITやA.I.の進化によって現在の人の職業や業種が劇的に減っていく事は事実ですが、これは過去の産業革命における蒸気機関や活版印刷の発明などによる産業形態の変化と大した変わりはありません。ただし、それら大きな変化に対応できるように「創造力」が人間の脳細胞には、この世に生まれた時から自然に備わっており、この最も重要な機能があるからこそ、様々な状況や環境の変化に対応し、生き残ってこれた事は疑いのない事実です。
この「創造力」の根本機能もメカニズムもまだ全く解っていない人間が、本気で今のITやA.I.などの科学技術で人工的にそれ以上の機能を創れると思う事自体が愚かしい事であり、今の人間の在り方や存在価値を否定しています。

真のSingularityとは
根本的に電気や機械に依存した技術は社会形態を一変させるような技術特異点(Singularity)には成り得ません。なぜなら進化する度に複雑化し、稼働環境や稼働条件が厳しくなり、全体システムとしては巨大化し、エネルギー効率は低下するからです。そのような性質の技術は、ある一定のレベルからは進化が止まり、基盤として発達し拡大するに連れて歪みが大きくなるからです。
つまり、逆に言えば、電気や機械に依存しないシステム技術が本当の「Singularity」を具現化する方向性に成ります。
Singularityを目指す具体的な側面があるとすれば、それは人間や動物・植物の生体メカニズム・地球や宇宙環境のメカニズムの解明など、マクロ的な自然科学の解明にあり、それによって、例えば重力の操作や反重力システムの技術、または太陽と同等の安全な原子力活用が期待されます。非常に難解で遠い未来の事かもしれませんが、もし、それらができれば、人間の社会環境は一変し、まさにSF映画のような世界観が矛盾なく具現化できます。 まさしく「シンギュラリティ」(技術特異点)とは、論理的にそう言った事を指すべきところと思われます。

SoBiCは真のSingularityへの入り口
SoBiCの開発思想は、自然の摂理を解明してそれをハイテクを駆使して実現しようとする従来のようなハイテク依存型ではなく、自然現象(自然の摂理)を上手く組み合わせる事で、現在のハイテクでは実現し得ないような超高度な効率性と生産性を両立して「簡単」に実現したものになります。
これは、一つの生産を目的とした機能システムとしては、自然の難解で複雑な仕組みと人工的で簡便な構造ロジックの高次元の融合によって、最も合理的に相反する機能メリットを両立できた全く新しい発想の基盤構造と言えます。この基盤の上にハイテク技術で精度を上げて行く事によって、さらに異次元の性能を付加し、生態系での新たな発見ができる事が期待できます。まさに、自然環境と調和した真のSingularityへの道に通じる入り口になると言えます。