SoBiC(ソビック) 初期設定ガイド
SoBiC(ソビック)オーガニックプランターの使い方

SoBiC(ソビック)オーガニックプランターおよび専用野菜カセルの使い方について解説します。
※SoBiC(ソビック)オーガニックプランターを使わず野菜カプセル単体で栽培される方は、『3.野菜カプセルの準備・セット』へお進みください。

ご用意いただくもの

SoBiCオーガニックプランター 各部名称

1.本体ユニットの組立・設置

STEP1 フタの取り外し
  • ①フタを外します。
    【フタの外し方】
    フタは、左図の丸の箇所で止まっています。
    フタを外側に引っ張りながら、上に持ち上げて下さい。
STEP2 エアチャンバーの取り付け

  • 【エアチャンバーフック取り付け位置】

    【エアチャンバーフック取り付け後】
  • ①プランターに空いている四角穴(左図Aのどちらか)に、下図エアチャンバーフックのB部分を下から引っ掛けるように差し込みます。
    (下図↑部分を両側から指で押し上げるようにすると差し込みやすいです。)
  • ②差し込み後、エアチャンバーをエアチャンバーフックに水平に取り付けます。
    (日当たりにあわせてエアチャンバーの向きは調整してください)
  • ③エアチャンバーに気圧チューブをしっかりと取り付けます。
    気圧チューブは、途中で折れないように長さを調整して下さい。
    チューブが折れているとエアチャンバーからの圧力でチューブが外れたり、圧力不足で装置の動作不良の原因となります。

STEP3 設置
STEP3 設置
  • 基本的に屋外で直射日光が1日4時間以上あたる場所に、エアチャンバーが南向きになる(直射日光が良く当たる)ように設置してください。

2.水位レベルのセット・給水

STEP1 水位レベルのセット
  • ①プランター外部のオーバーフロー調節ダイアルの設定(H/M/L)をM(Middle)の位置に設定します。
  • ②内部の栽培槽水位レベル調整レバーの設定(High/Middle/Low)をMiddleの位置に設定します。

水位調節に関しては、特殊な作物の栽培や生育に応じて水位を絞るなどの調整栽培をする場合にご使用ください。
水位を調節する時は、上記①②の設定は常に同じにしてください。通常はどちらもMに設定しておきます。

STEP2 給水
  • ①ポンプボトルのフタを外します。
  • ②ポンプボトルと補充水タンク槽に注水します。
    ポンプボトルは約半分(1ℓ)くらい水を入れ、キャップをしっかり閉めてください。
    補充水タンクには、溢れない程度に水を満たしてください。

3.野菜カプセルの準備・セット

3.野菜カプセルの準備・セット

STEP1 培養土の準備
  • ①野菜カプセルの風を開けます。
  • ②たっぷりの水をかけます。
  • ③上から押さえて、軽く水を絞りながら成型をします。(絞るようにすることで、培養土全体に水が行き渡らせます)
  • ①野菜カプセルの封を開けます。
  • ②たっぷりの水をかけます。
  • ③上から押さえて、軽く水を絞りながら成型をします。(絞るようにすることで、培養土全体に水が行き渡らせます)

②~③の作業を2、3回繰り返して、培養土全体に水分が行きわたるようにしてください。

成型は、左図のような山型になるようにしてください。
(SoBiCオーガニックプランターにセット時に培養土の高さがちょうどよい位置にくるようになります)

※ 野菜カプセルのみで栽培される方は、特に山型にしていただく必要はございません。
オーガニックプランターの購入を検討されている方は、山型に成型して栽培してください。
  • ④巾着袋の上部6cmくらいを折り返します。
STEP2 種植え
  • 土の山の頂点にタネを2粒ほどを1cmくらいの深さに植えてください。

    ※野菜カプセル単体で栽培される方は、受け皿においてください。以降は普通の鉢植え栽培同様に、水やりや雑草取りなどを行なって栽培してください
STEP3 プランターへのセット
  • ①カプセルをプランター内部の栽培槽にセットし、給水チューブがタネの近くにかかるようにセットしてください。

    ※給水チューブが折れていると十分な給水が行われない場合があります。
  • ②フタの取り付けます。
    フタを被せた後、左図の丸の箇所がしっかり止まっているかをご確認ください。
    ※風でフタが飛ばないように、しっかりとフタのツメをプランターに噛ませてください。

メンテナンス

  • 一週間に一回程度は、補充水タンクやポンプボトル内の水位、生育の状態や土の状態を確認してください。
    補充水タンクは、満タンの状態から発芽初期は1ヶ月以上、収穫期でも約2週間以上は持ちますが、水が減っていたら随時足してください。
    補充水タンク・ポンプボトル内に水があるにも拘らず、土の状態が明らかに乾燥し、給水がされていない場合は、システムトラブルの可能性がありますので、弊社までご連絡ください。
  • 作物によっては枝支えのケアや受粉をしてあげる事で、収穫の可能性が高くなる場合がありますので、できる範囲でケアをしてあげてください。
  • カプセルの土には予め肥料が配合されていますが、作物の種類や生育具合によっては、2ヶ月目くらいに追肥が必要になる場合があります。
    元気がない場合や収穫期間を長くしたい場合は、随時市販の液肥などをポンプボトルに適量添加してあげてください。